フォト
無料ブログはココログ

« 徒然日記(76):10月21日 | トップページ | 徒然日記(78):10月23日 »

2009年10月22日 (木)

徒然日記(77):10月22日

 皆さん、こんにちは。しゅう。です。今日も相変わらず、意識がボーッとしています。また、猛烈な眠気もあり、難渋しています…

 本日付けの日経新聞で、向精神薬の副作用についての警告記事が掲載されています。詳細は明日綴りますが、妊娠の可能性がある年代の女性への「パキシル」の投与について、というものです。端的に申せば、妊娠中にパキシルを服用すると、産まれてくる胎児に異常が見られる危険性がある、というものでした。製薬会社(グラクソスミスクライン社)は、確かに留意事項として注意書きしているそうなのですが、表記が小さく、目立たないということで、NPO法人(?)から警告を受けているという内容でした。

 その向精神薬が劇的に変化したのは、SSRI、SNRIという、第四世代の新薬が登場して以来のことであったと思います。そして、並行してその弊害、歪みも多々生じるようになった…そう、感じています。やはり、人工の物質には限界があると、警戒せざるを得ません。

 ところで、昨日から本日にかけて、『過敏性腸症候群の個人研究』さんのサイトで、「ぴかりん」さんという方が、大変自信に溢れた投稿をなさっていらっしゃいます。自分を責めても、周囲を責めても始まらない、結局自分の人生を決めるのは、自分の強い意志だけだ、という内容です。尤もだと思います。ボクも、このまま向精神薬を服用し続けていても、精神科医に人生を狂わされるだけだと思うからです。何とか、徐々に減薬を実行し、自分の脳に“変化(チェンジ)”をもたらさなければならないと、強く願っています。

 そのボクが、グルタミンを始め、ビタミンB群や亜鉛といったサプリメントを活用しているのも、向精神薬に代わる栄養療法へシフトしていきたいという意志の現れそのものです。確かに、現況、苦しい日々が続いていますが、努力を継続するより、他ありません。

 本日は、珍しくおなかを下してしまいました。昨晩の就寝中からガスが頻繁に出る為、夜中に何度も目覚めていたのですが、何か悪いものでも食したかな…

 焦げ臭い臭気は、依然として、自室に充満していますが、これも回復過程の一つであると、自分に言い聞かせています。ただ、頭のてっぺんから爪先まで、強いかゆみに悩まされているのだけが、少々難儀しているところです。体内の毒素が、皮膚の表面に出てきているからかもしれませんね。

 それでは、皆さん、今日も素敵な午後をお過ごし下さいませ。また、明日にお会い致しましょう。お元気でっ!!(笑)

しゅう。

« 徒然日記(76):10月21日 | トップページ | 徒然日記(78):10月23日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徒然日記(77):10月22日:

» アトピー肌の化粧品 [アトピー肌の化粧品]
アトピー性皮膚炎の人には、残留洗剤の刺激が少なく添加物を使用していないオーガニック。。。 [続きを読む]

« 徒然日記(76):10月21日 | トップページ | 徒然日記(78):10月23日 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ